JAいしのまき

MENU

いしのまきの園芸

セリ

商品の特徴など

 河北セリは、岩手県から連なる北上山地の南端にあたる石巻市河北地区で栽培されています。地下から湧き出る豊富な伏流水を利用し、ほ場(セリ田)の畦畔を高くして水深を確保することで、茎葉部が長くなったセリになるのが特徴です。香りは清涼感に溢れ、食感はシャキシャキと歯切れが良いことなどが高く評価されています。

 河北セリ栽培の歴史は古く、約300年前の江戸時代には栽培が始まっていたと伝えられています。

 10月~2月に出荷される秋冬セリの「根セリ」と、4月~5月の春に芽吹いた新芽を刈り取って出荷される「葉セリ」の2つの形態で出荷しています。特に春の葉セリは、河北地区の在来種「飯野川在来」を使っており、厳しい冬をじっと耐えた後に芽吹いた茎葉は柔らかくてクセが少なく、セリの香りを感じることができます。

包装状態

縦型ダンボール

栽培情報

作型

根セリ(収穫時期10月~2月頃)、葉セリ(収穫時期4月~5月)

栽培方法

水深を30cm以上確保できるほ場(セリ田)で伏流水を利用して栽培する

主要作付け品種

飯野川在来、みやぎVWD1号、島根みどり

栽培面積

530a

JAいしのまき セリ部会

構成
部会長 高橋 正夫
副部会長 神山 良作
構成員 14人
概要

 セリ部会は、主に河北地区の農家で構成され、北上山地の南端に位置する大峰山や黒森山など300~400m級の山々を起源とする伏流水を利用して栽培を行っています。

 秋冬の「根セリ」と春の「葉セリ」を出荷し、消費宣伝やイベントへの参加を通じて、認知度向上に努めています。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?